射精が出来なくなる?床オナ

皆さん、突然ですが「床オナ」通称「床ニー」という言葉をご存知ですか?


実態を調べようとGoogle検索にかけてみたところ60万件近くの記述がヒットしました。驚きですね!
ちなみに「オナ」は「オナニー」の略です。
ペニスを直接硬いシーツや床、畳などに押し付けたり、こすり付けたりしてするオナニーの略なのです。
そんなやり方をする男性がいるのかと思われるのかもしれません。でも、今のGoogle検索の例を見てもかなりの広がりを持った「手法」だと、私は睨んでいます。

男性諸君なら覚えがあるでしょう?
思春期を迎えオナニーを覚えると、毎日のようにシコらないと気が済まない。しかも、もっと気持ちのいい方法はないかと、創意工夫を凝らすわけですね。
コンニャクを温めて、などはすでに古典的なやり方です。
床オナも、そんなバリエーションの1つと言えなくもありませんね。

でも、それを繰り返す事によって、女性と結ばれて”いざ、本番!!”という時に、中で出せなくなる危険性が高い、と聞いたらどうですか?
若い頃に「間違ったオナニー」に取りつかれた結果「子供ができにくい身体」になってしまう可能性があるんです。
膣内射精ができないという方の半数がこういった「間違ったオナニー」の常習犯らしいです。
オナニーではイケる”と言うのは、正確には”床オナでならイケる”という事だったのです。

では、どうして床オナをしていると女性の中でイケなくなってしまうのか?
それは「強すぎる刺激」「女性の膣に挿入するのとは違う感覚」の学習が原因ではないか、と考えられています。
床オナでは、ペニスを床に押し付け、圧迫に快感を覚えることによって射精します。十分に勃起しないまま射精に至るケースもあります。
でもそれは、柔らかく潤った女性の膣に挿入しピストン運動をすることによって得られる刺激とは全くの別物。
同じ創意工夫でも、コンニャクが女性器の感触を模したものであるのとは対照的です。
結果、床オナを繰り返してきた男性は、性的興奮を覚えて十分に勃起してるのに、膣内での刺激を快感と受け取れず、射精がしにくくなるというわけなのです。

多くの男性は思春期になればオナニーを始めます。
10代半ばからそんな悪癖を覚え、誤った快感の記憶を刷り込まれると、大人になってから修正するのはなかなか難しいのです。
ED(勃起不全)よりも深刻だ」というのはまさにそこです。
しかも、こういった膣内射精障害は日本人に多いのです。
正直なところ、その理由については”よくわからない”というのが正確な答えになると思います。
あくまで私個人的な仮説を述べるとしたら、日本の「家では靴を脱ぐ文化」が、多少なりとも影響しているような気がします。
日本人は畳や床に座り、ごろごろしたり布団を敷いて寝ます。そういったふとしたきっかけで「床オナ」という禁断の快感に目覚めてしまう人が結構いるんじゃないか、と思うのです。

話は変わりますが、以前知り合いの女性学・社会学の教授とお話しさせていただいた時「一つの性表現の形として、床オナも認めてあげるべきではないだろうか」という意見がありました。
確かに、床オナだけでも一つの文化というのは否めないのですが、将来それが原因で不妊症になる可能性があるわけですから、床オナは認めちゃいけないと私は考えております。

過激なオナニーのしすぎでたたない方はこちら